○小川地区衛生組合廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則

平成16年8月30日

規則第2号

(多量の一般廃棄物の範囲)

第2条 条例第7条の規定による多量の一般廃棄物の範囲は、土地又は建物の占有者が建物の取り壊し等によって一時に排出する一般廃棄物で、50キログラム以上又は0.5立方メートル以上のものとする。

(一般廃棄物の処分手続)

第3条 条例第8条第1項に規定する一般廃棄物の処分を小川地区衛生組合(以下「組合」という。)に依頼しようとする者は、組合を組織する町村(以下「関係町村」という。)から発行を受けた証明書を提出しなければならない。

(手数料の徴収方法)

第4条 条例第8条第1項に規定する一般廃棄物の収集、運搬及び処理手数料は、し尿については、くみ取り券により徴収し、その他の廃棄物については、現金により徴収する。ただし、官公庁及び管理者が認めた事業所等におけるし尿の手数料については、現金により徴収することができる。

(手数料の減免及び手続)

第5条 条例第8条第2項の規定に基づく手数料の減額又は免除は、次に定めるところによる。

(1) 関係町村又は当該町村が委託したものが組合ごみ焼却場(以下「焼却場」という。)へ搬入するとき。

(2) 関係町村の長が公共と認めるとき。

(3) 生活保護世帯で発生したもので、焼却場へ自己搬入するとき。

(4) 火災等の災害により発生したもので、焼却場へ自己搬入するとき。

(5) 前各号に該当しない一般家庭で発生した50キログラム以上の一般ごみであって、第6条第1項の重量が50キログラムとなるものを搬入するとき。

(6) その他、管理者が公益上特に必要と認めるとき。

2 前項第1号から第4号までに掲げる理由により、手数料の減免を受けようとする者は、関係町村の主管課長に当該減免理由に該当する旨の確認を受けた一般廃棄物処理手数料減免申請書を管理者に提出しなければならない。

(一般ごみの計量方法等)

第6条 条例第8条の手数料の算定の基礎となる一般ごみの重量は、焼却場内に設置された計量器で計量した一般ごみを積載した運搬車両の重量(搭乗者及び一般ごみ以外の積載物の重量を含む。以下同じ。)から同様にして計量した当該一般ごみを降ろした後の当該運搬車両の重量を控除して得た重量する。

2 計量の単位は10キログラムとし、10キログラム未満の端数が生じたときは、計量の都度これを五捨六入する。

(この規則に基づく様式)

第7条 第4条及び第5条の規定に基づく手数料の徴収等に関する様式は、次に掲げるとおりとする。

(1) し尿くみ取り36l券(1タル) 様式第1号

(2) し尿くみ取り18l券(半タル) 様式第2号

(3) 納入通知書 様式第3号

(4) 領収証書 様式第4号

(5) 小川地区衛生組合 納入通知書(領収書) 様式第5号

(6) 小川地区衛生組合 払込書 様式第6号

(7) 小川地区衛生組合 納入通知書 様式第7号

(8) 小川地区衛生組合 収納済通知書 様式第8号

(9) 納入(搬入)通知書 様式第9号

(10) 納入(搬入)通知書(控) 様式第10号

(11) 領収証書 様式第11号

(12) 一般廃棄物処理手数料減免申請書 様式第12号

(条例第6条、第7条及び第9条の施行期日)

第8条 条例第6条第7条及び第9条の施行期日は、平成16年9月1日とする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年規則第3号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第6号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

小川地区衛生組合廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則

平成16年8月30日 規則第2号

(平成28年4月1日施行)